利用規約 – 公益財団法人 九州先端科学技術研究所

利用規約

SRPオープンイノベーションラボ

2018年02月28日

SRP Open Innovation Lab利用規約

SRP Open Innovation Lab(以下「当施設」という。)は、AI/IoT/ビッグデータ/AR・VR等に関するオープンイノベーションの促進のための技術事例紹介・展示やセミナー・イベント等に利活用していただくことを目的としたスペースです。そのため、当施設のご利用に関して、利用者が円滑かつ適正に利用していただくための利用規約(以下「本規約」という。)を以下のとおり定めます。

1 利用形態

① フリースペース

② ショールーム(技術事例紹介・展示)

③ セミナー・イベント(講義形式:15名程度、ハンズオン形式:10名程度)

④ 最新デバイスの検証、体験

2 利用者

(1) 当施設を利用できる対象者は以下のとおりとします。

①公益財団法人九州先端科学技術研究所(以下、ISIT)賛助会員

② 福岡市IoTコンソーシアム会員

③ 株式会社福岡ソフトリサーチパーク入居企業、およびSRP地区企業

④ Fukuoka AI Community参加企業

⑤ QUEST会員(企業、団体、個人)

⑥ その他AI/IoT/ビッグデータ/AR・VR等に関心がある者

(2) 当施設のショールームを利用できる者、及び当施設を利用してセミナー・イベントを開催できる者は、前項に掲げる対象者のうち①~⑤に該当する者に限ります。

(ただしISITより依頼する場合はこの限りではありません)

3 利用者確認等

(1) 利用者は、当施設の利用にあたって当施設が定める利用簿に記入をしてください。

(2) 当施設のショールームの展示利用、又は当施設でセミナー・イベントの開催を希望する際は、当施設が定める方法により、2営業日前までに申込みをし、承認を得る必要があります。

4 利用時間

(1) 当施設を利用できる時間は、10:00~18:00(平日のみ)を基本とします。ただし、当施設の都合により利用時間が変更される可能性があります。※年末年始は原則、暦通りに運営します。

(2) 上記時間以外の利用やセミナー・イベントでの利用を希望する場合は、事前にお問い合わせください。なお、問い合わせは、平日の17:00までとします。

5 利用できる機器等(予告なく変更する可能性があります)

2018年03月02日時点

(1) デモ、展示用デバイス

常設コンテンツや実証実験のデモ用途(コンテンツはHPにて公開)

  • PC (タワー型×3 、ノート型×3 )
  • MicroSoft HoloLens 1台 (AR体験用)
  • VR HMDヘッドセット 1台 (VR体験用)
  • プロジェクタ 1台
  • 各種センサー機器
  • LPWA通信モジュール
  • Wifi等通信モジュール
    ※その他、協力企業の各種コンテンツ、ソリューション

(2) 書籍各種

  • 人工知能関連書籍
  • IoT関連書籍
  • ビッグデータ関連書籍
  • その他書籍

6 利用料金

利用料金は当面の間、無料とします。

7 利用の注意事項

(1) 利用者は、当施設の利用に際して、指定のレイアウトを変更した場合には、利用者自らにおいて、利用終了時までに原状回復をするものとします。

(2) 当施設のショールームにおいて利用者のソリューション等を展示する場合は、当施設が定める期間を遵守してください。また、展示に係る設置及び撤去費用等は利用者の負担となります。

(3) インターネット接続については、無線LAN(WiFi)または有線でのインターネット接続がご利用いただけます。ただし、本接続の利用により生じたあらゆる損害に対しては、当施設は一切の責任を追いません。

(4) インターネット接続の利用において、以下の行為を禁止します。

①大量にメールを送信する行為

②長時間にわたり大きなデータをダウンロードする行為

③コンピュータウイルス等の有害なプログラムを送信する行為

④犯罪行為、公序良俗に反する行為、またはISITが不適切と判断する行為

⑤その他当施設の運営に支障をきたす可能性がある行為

(5) 当施設内での食事(食べ物の持込み含みます。)は原則禁止とします。(アルコール類以外の飲み物を除きます。)

(6) コワーキングスペースは、一時的な作業やミーティングのスペースとしての利用を想定します。長時間の占有はご遠慮願います(最長2時間程度)。

尚、インターネット接続は可能ですが、プリンタやコピー機はありません。

(7) 飲食を伴うネットワーキング交流会等の開催を希望される場合は、事前にご相談の上、承認を得てください。

8 利用の制限(禁止行為)

(1) 次に掲げる行為等が認められる場合は当施設を利用できません。

① 他の利用者に迷惑を及ぼす又は不安を覚えさせる行為

② 当施設内での火器の取り扱い

③ 許可なく当施設を占有する又は物品を置く行為

④ 営業行為(物販を含みます。)、宗教活動および政治活動等をすること

⑤ 公序良俗に反する行為

⑥ 当施設の名誉または信用を傷つけることなど、当施設が不適切と判断した行為または事業

⑦ その他当施設の目的又は本規約の定めに反する行為

(2) 前項の利用をした利用者は、当該行為等により当施設が被った損害相当額(直接的な損害のほか、間接的な損害や逸失利益を含みます。)を賠償するものとします。

9 反社会的勢力排除

(1) 当施設の利用にあたり、利用者は、自らおよび同伴のご利用者様が暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等社会運動標榜ゴロまたは特殊知能暴力団、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約したものとします。

①暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること

②暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

③自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること

④暴力団員等に資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

⑤役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

(2) 当施設の利用にあたり、利用者は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約したものとします。

①暴力的な要求行為

②法的な責任を超えた不当な要求行為

③取引に関して、脅迫的な言辞または暴力を用いる行為

④風説を流布し、偽計若しくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または業務を妨害する行為

(3) 利用者が前項(1)(2)に違反した場合、当施設は、催告その他何らかの手続を要することなく、直ちに利用者の利用資格を剥奪することができます。

(4) 当施設は、前項(3)に基づき行った行為をもって、当該利用者に対する損害賠償請求を妨げるものではありません。

(5) 当該利用者は、前項(3)に基づき当施設が行った行為を理由として、当施設に対して損害賠償その他何らの請求をすることができません。

10 個人情報の取扱い

個人情報保護法を遵守し、ISITが定めるプライバシーポリシーに則って、入手した個人情報を適切に管理します。個人情報は事務手続きや運営、またISITのイベントの案内、賛助会員のご案内のためだけに使用するものとし、上記の目的以外に第三者に開示、提供、委託することはありません。

11 免責事項

当施設は、本サービスの運営に関して故意または重大な過失がない限り、利用者又は利用者が行った行為に起因して生じた第三者が被った損害(2次的損害も含みます。)に対して損害賠償義務を負わないものとします。

12 不可抗力

天変地異、法令およびこれに準ずる規則の改廃・制定、公権力による処分・命令、輸送機関もしくは倉庫業者の保管中の事故、通信回線の事故、仕入先の債務不履行、食中毒等の疾病、当施設内での怪我その他当施設の合理的支配が及ばない事由等の不可抗力を原因として、当施設の業務が停止し、又は利用者へ本サービスの提供ができなくなった場合、これにより利用者に損害が生じたとしても、当施設は一切の責任を負わないものとします。

13 損害賠償

利用者は、本サービスの利用に際し、もっぱら自己の責に帰すべき事由により当施設、他のご利用者様に損害を与えた場合には、自らの費用と責任において解決にあたるものとし、当施設には一切迷惑をかけないものとします。

14 その他

(1) 本規約は、平成30年3月2日から施行するものとします。

(2) 本規約の改定は、必要に応じて当施設が行うものとします。

(3) 本規約の施行に関し、必要な事項は当施設が別に定めます。

以上