ここから本文です
研究室
ナノテク研究室

研究内容

ISITナノテク研究室(新海征治 研究所長 兼 室長)では、ナノテクノロジーの「自己組織化」と「分子認識」を基盤技術として、高次機能を有する新しいナノ材料の創製や、材料の新しい組織化・構築技術の開発などの研究に取り組んでいます。現在、下記三つのテーマに沿って研究開発を進めています。

(1)自己組織化を利用した発光性・導電性ナノ材料の開発
(2)人工材料と生体材料の融合による新規ハイブリッド材料の創製
(3)生理活性物質を標的とする自己集合型蛍光センサーの開発と実用化

ナノテク研究室で取り組んでいる研究開発の成果について以下にご紹介します。得られた成果は、ナノ医療技術や、ナノテク技術を利用した様々な製品へ応用展開することを目指しています。また、これらの研究の一部については、企業と緊密な連携をとりながら、実用化を目指して共同で研究開発を進めています。

らせん多糖を応用したナノ複合体の創製と応用
キラルプラズモンを有する多糖/銀ナノ粒子複合体
化合物のキラル識別を可能とするメタロ超分子ポリマー
生理活性物質を識別し発光する蛍光プローブ
芳香族縮合環構造を有するヌクレオチド認識蛍光プローブ
疾患のマーカー分子を検出する蛍光プローブ