ここから本文です
研究室
生活支援情報技術研究室

研究内容

ヒューマンセンシングと可視化

動き情報と生体情報を計測し無線伝送できるBMW計測ユニットを身体の各部位に装着することで,モーションキャプチャと生体情報計測とを同時に行うことができるシステムを開発し,リハビリやスポーツ分野などでの利用を目指しています.

BMW計測ユニットによるモーションキャプチャ動画 (YouTube)

担当者: 吉永 崇有田 大作
獲得資金:ロボット産業振興会議 ロボット技術実用化事業 「リハビリ及びロボットのためのBMW計測実用パッケージの開発」

詳細はこちら

遠隔医療と可視化

在宅での遠隔超音波診断を支援するために,遠隔地どうしで3次元空間を共有できるような拡張現実(AR)インタフェースを実現します.

AR技術による遠隔超音波診断支援 (YouTube)

担当者: 吉永 崇

詳細はこちら

農作業情報自動獲得

様々なセンサを用いて農作業者の作業の様子を観測し,獲得された情報から農作業情報を認識します.

担当者: 有田 大作岡安 崇史, 吉永 崇光藤 雄一, 谷口 倫一郎, 島田 敬士

搭乗型移動ロボットでの人の不安関数の算出

車いすロボットなどの搭乗型移動ロボットにおいて,ロボット制御や周辺環境などがどのような条件のときに搭乗者が不安になるのかを明らかにする.

担当者: 寺岡 章人, 有田 大作, 木室 義彦, 家永 貴史
獲得資金:文部科学省科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 「搭乗型移動ロボットでの人の不安関数の算出」

ロボット用GIS (R-GIS)

環境情報を保持しているロボット用地理空間情報システム(R-GIS)サーバを構築し,個々のロボットはネットワークを介してR-GISサーバから環境情報の提供を受け,また個々のロボットが観測した環境情報をR-GISサーバに蓄積することにより,生活支援ロボットの普及を図ります.

担当者: 木室 義彦, 家永 貴史, 寺岡 章人, 有田 大作

 

車いすロボットによる患者の移動支援

病院内で患者の移動を支援する車いすロボットに生体情報(心電,筋電など)を計測する機能をつけることにより,患者,病院スタッフともにより安心して,患者が自由に移動できるようにします.

 

ロボットタウン

実環境中でロボットが動作できるようにするために,ロボットそのものの性能を上げるのではなく,環境の方にさまざまな仕掛けを行う「環境情報構造化」の概念を提案しました.