ここから本文です
研究室
情報セキュリティ研究室

情報セキュリティ研究室

研究集会「ネットワークストレージのディペンダビリティ,ユーザビリティとセキュリティに対する秘密分散法の応用とその数学モデリング」参加報告

■参加会議名:ネットワークストレージのディペンダビリティ,ユーザビリティとセキュリティに対する秘密分散法の応用とその数学モデリング
ウェブページ
■日時:2016年9月5日, 6日, 7日
■場所:九州大学 産学官連携イノベーションプラザ (福岡市早良区百道浜)
■報告者:ISIT情報セキュリティ研究室  奥村伸也 (研究員)

概要

2016年9月5日~7日の三日間にわたって、九州大学 産学官連携イノベーションプラザで九州大学IMI共同利用研究集会「ネットワークストレージのディペンダビリティ,ユーザビリティとセキュリティに対する秘密分散法の応用とその数学モデリング」が開催された。報告者はこの研究集会の組織委員の一人であり、参加・聴講を行った。参加人数は5日が30名程度、6, 7日が20名程度であった。

講演

9月5日(一日目)
セッション (座長:Morozov)
講演:Appllication of Secret Sharing: Beyond Strage Service
Yvo DESMEDT (The University of Texas at Dallas)
講演概要:
Part 1: The building blocks of secret sharing
Part 2: Access Structures as Trust Structures
応用:Critical Infrastructures, Communication Systems, Access Control…
Part 3: Secret Sharing as building block
– Secure Multiparty Computation
– Threshold Cryptograph
応用:THRESHOLD THINGS THAT THINK (T^4)
Part 4: What many missed
– MPC:state sponsored malwareの解決法として推進→ある場合はダメ
解決法:using humans、using physics
Part 5: Lessons & Challenges
Fukushima nuclear accidentから

セッション (座長:Xu)
講演:Cheating Detectable Secret Sharing Schemes Supporting Finite Fields of Characteristic Two
Satoshi OBANA (Hosei University)
講演概要:
three(k, n, ε)-secure SSSの3つの構成(2番目は1番目の一般化, 3番目は別の一般化)
性質:
– 標数2の有限体を扱っている
– share sizeの下限が(|S|-1)/ε+1に近い

講演の様子1

講演の様子1

講演の様子2

講演の様子2

集合写真

集合写真

また、初日の研究集会後にイタリアンレストランマンマ・ミーアにて懇親会が行われた。
参加人数は30名ほどであった。

懇親会の様子

懇親会の様子

9月6日(二日目)

セッション (座長:ROY)
講演:Secret sharing schemes based on additive codes
Jon-Lark Kim (Department of Mathematics Sogang University)
講演概要:
SSSのイントロ(linear code baseなど)とlinear code base→additive code base(GF(4)上)に一般化
利用したもの:
– Assmus-Mattson theorem for additive code over GF(4)
– generalized t-designs

講演:Access Structures of Weighted Threshold Ideal Secret Sharing Schemes
Arkadii Slinko, Ali Hameed (Department of Mathematics The University of Auckland)
講演概要:
ideal secret sharing scheme にとって access structuresの分類は重要な問題
First classification theorem → Beimel et al, 2008
Second Classification Theorem → Farras-Padro, 2010
Classification Theorem for ideal and weighted → Hameed-Slinko, 2015

セッション (座長:ANADA)
講演:Homomorphic Authentication Schemes for Network Coding
Chi Cheng (Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University)
講演概要:
Newwork codingに関するイントロと、HSS/KEPTEに対する攻撃と改良(鍵分散プロトコル)、改良版HSSのcommunication costを紹介

9月7日(三日目)

セッション (座長:CHENG)
講演:High-Throughput Secure Computation using bit slicing
Toshinori Araki (NEC)
講演概要:
高い処理能力を持つ新しいSecure Multi-party Computation(SMPC)の開発について、既存結果を大きく上回っている。それぞれのpartyがAND gateに1bit送っている(それまでは10ビット)。

講演:Secret Sharing Against Cheaters
Rui Xu (KDDI R&D Laboratories, Inc.), Kirill Morozov (School of Computing, Tokyo Institute of Technology), Tsuyoshi Takagi (Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University)
講演概要:
Cheater identifiable secret sharing (CISS) for rushing における、一人当たりのshare sizeの下限が改良できるような(t,ε)-CISSを構成している
(講演者らの先行研究より改良)