ここから本文です
研究室
情報セキュリティ研究室

情報セキュリティ研究室

IPA主催「企業の内部不正防止に関する緊急セミナー」聴講報告

■参加会議名:IPA主催「企業の内部不正防止に関する緊急セミナー」
■日時:2014年8月27日13:30~16:30
■場所:経済産業省本館(霞が関)
■報告者:ISIT情報セキュリティ研究室 穴田 啓晃 研究員

■内容:本報告者は,IPA主催の「企業の内部不正防止に関する緊急セミナー」に聴講参加した.本セミナーは参加者数約280名を集め行われた.
講演は,㈱ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件に鑑みプログラムされた次の4件であった.
1) 小松 文子 氏(IPA)「内部不正の現状について ~国内外の内部不正の動向より~」
2) 益子 るみ子 氏(IPA)「内部不正の実例とその対策 ~内部不正防止ガイドラインより有効な対策を探る~」
3) 小川 博久 氏(日本ネットワークセキュリティ協会)「 防止技術紹介~JNSA内部不正対策ソリューションガイドより~」
4) 経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 「個人情報保護について ~個人情報保護ガイドラインの紹介~
講演1)では,内部情報漏洩に関する研究で先行している米国カーネギーメロン大学のアンケート及びその統計データの紹介・説明があった.企業に関する意図的情報事件の犯罪者は3割が内部者である一方,その損害額は残り7割の外部者の損害額とほぼ同等であり,内部者による犯行の被害の大きさが示されていた.

なお,講演資料及びビデオ映像がIPAからで提供されてる(下記URL).

(IPA主催「企業の内部不正防止に関する緊急セミナー」開催のご案内)

会場は経産省の地下講堂.「撮影はご遠慮ください」でしたが,受付開始から半日で定員一杯になっただけあり,会場は集中して聞き入る人たちで満員でした(目測で280名程)
(以上)