ここから本文です

イベント情報

2018.3.14開催:有機EL参入支援セミナー(開催済)

有機光エレクトロニクス産業化研究会では、
「有機EL参入支援セミナー」を以下のとおり開催いたします。

テーマ

有機ELデバイスの将来は? ~剛から柔へ~

デジタルネットワーク技術の著しい発達に伴って、電子ディスプレイは人と情報をつなぐハードウェアとしてますます重要になっています。
特に近年は、薄型化や鮮明さを特徴とした有機ELディスプレイがスマートホンや大型テレビに利用され、注目を集めています。
しかし、情報化社会の更なる進展のためには、表示部の形態・設置・意匠の自由度が高く、多様な視聴形態やヒューマンインターフェースが創出可能な、軽くて薄く自由に曲げられるフレキシブルディスプレイが次世代ディスプレイの有力候補として期待されています。
本セミナーでは、フレキシブルディスプレイに対する今後の期待やディスプレイの柔軟化(フレキシブル化)に伴う課題について講演いただいた後に、将来の市場参入のあり方についても討論したいと思います。

開催日時

2018年3月14日(水)
講演会  :14:00~16:30
交換会  :16:30~17:00

会場

ホテルセントラーザ博多2階 フェスタヴィラ
(福岡市博多区博多駅中央街)
交通アクセス

参加費

無料

プログラム

  1. 開会挨拶
  2. 講演
    「フレキシブル有機ELの量産動向」
    (株)産業タイムズ社 電子デバイス産業新聞 編集長  津村 明宏氏
    「フレキシブル有機ELデバイスの最新技術」
    NHK放送技術研究所 新機能デバイス研究部     深川 弘彦氏
  3. 閉会挨拶
    有機光エレクトロニクス実用化開発センター 副センター長  宮﨑 浩

※講演会の後に、講師の先生を交えて名刺を交換する時間を設ける予定です。

 

主催

福岡県、福岡市、公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)、
公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)

お問合せ先

公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団内
有機光エレクトロニクス産業化研究会 事務局 因幡・地福
TEL: 092-805-1850     FAX: 092-805-1851
メール: i3-opera@ist.or.jp

参加者数

54名