ここから本文です

お知らせ

ISITを”未来の研究者”が訪問

8月4日(金)及び5日(土)に、大分県及び宮崎県より中学・高校生が、九州先端科学技術研究所(ISIT)、及び福岡市産学連携交流センター(FiaS)を見学に訪れました。
普段、研究者、関係者しか出入りしない静かな空間に若いはち切れんばかりの声がこだましました。

1.大分県第3回グローバルリーダー育成塾の皆様
平成29年8月4日、大分県から、生徒 9名、引率の先生 5名、計14名の皆さんがFiaSを訪問し、ISITナノテク研究室・有機光デバイス研究室、FiaS分析機器室を見学しました。

2. 宮崎第一中学・高等学校の皆様
平成29年8月5日、宮崎第一中学・高等学校から、生徒 53名、引率の先生 2名、計55名の皆さんがFiaSを訪問し、ISITナノテク研究室・有機光デバイス研究室、FiaS析機器室を見学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究室の見学では、「ナノ」の世界の話や普段は見ることができない多くの機器の説明を興味深く聞き入る姿が印象的で、説明した研究者を唸らされるような質問もありました。
後日送付頂いた見学のお礼と生徒の見学感想文の中で、「科学技術がどのように身近な生活と関わりがあるのかを知ることができた」などといった、うれしい感想をたくさん頂きました。
この中から一人でも多くの研究者が生まれることを期待しています。

ISITではこのような高校生等の見学を受け入れています。但し、日程・時間の調整が必要ですので、事前にISIT総務部へご相談下さい。条件によってはお引き受けできない場合もありますので予めご了承下さい。