研究開発/社会実装・実証事業 – 公益財団法人 九州先端科学技術研究所

研究開発/社会実装・実証事業

独自の研究や社会実装・実証実験の取組みを行っています。産み出された研究成果は、プロジェクト型研究や受託研究・共同研究などを通して地場企業や地域社会に提供していきます。

推進体制

オープンイノベーション・ラボ(OIL)
Open Innovation Lab

社会に貢献する最先端IT技術を活用した社会実装、社会実証を産学官連携で推進

  • オープンイノベーションのハブ
  • 社会実装、社会実証を推進・実行するDoTank
  • 産業界での商品化・産業化への橋渡し

マテリアルズ・オープン・ラボ(MOL)
Materials Open Lab

有機・無機・金属ナノ材料より構成される光機能素子・デバイスの創製に向けた基盤技術の開発

<ナノ材料グループ>

  • プラズモンナノ材料の開発と産業への応用
  • 光エネルギー変換ナノ材料システムの開発
<有機光デバイスグループ>

  • 有機ELの実用化のための評価技術・最適化技術の研究開発
  • 有機光デバイスの励起子制御技術に関する研究開発
マテリアルズ・オープン・ラボ /  Materials Open Lab

プロジェクト型研究及び受託・共同研究

地域の企業や大学との連携を図り、それぞれの研究成果を活かした、国の提案公募型プロジェクトなどを推進しています。

また、企業、大学、行政等から比較的短期の研究や調査等の委託を受けたり、単独の企業・組織では行い難い研究テーマや、複数の組織で進めた方が効果的な技術については、企業や大学等と共同研究を行っています。

主なプロジェクト型研究

  • 高齢者の特性に合わせた独自のロジックを持つ学習型人工知能を搭載した自動鑑別診断システムの開発(経済産業省)
  • イチゴの省エネ栽培・収穫予測・低コスト輸送技術の融合による販売力・国際競争力の強化(農林水産省)
  • 次世代高効率有機ELディスプレイ用材料の開発(新エネルギー・産業技術総合開発機構)
  • 地方発イノベーション創出環境の構築事業(内閣府・福岡市)

共同研究、その他研究開発

企業及び大学等の複数の組織で進める共同研究や科学研究費補助事業による研究などを実施しています。

研究成果については,学会・論文誌・報告会等での公表,研究交流の場やホームページ及び広報誌への掲載等を通じ,広く社会一般に公表するように努めています。