ここから本文です

事業内容

研究開発

定常型研究開発

ISITでは,3つのラボ・研究室を設置し,以下の中長期的かつ戦略的に重要なテーマについて,研究開発、実証実験を実施しています。

オープンイノベーション・ラボ
(社会実装、社会貢献を目的とした最先端ITシステムに関する実証実験)

ナノテク研究室
(ナノ・バイオ技術による環境対応型社会を実現するための新素材の開発)

有機光デバイス研究室
(次世代有機半導体光デバイスの創製に向けた革新的な共通基盤技術の開発)

 

プロジェクト型研究開発及び受託研究開発

定常型研究開発におけるISIT独自の研究成果を基に研究開発を実施しています。

プロジェクト型研究開発

地域の企業や大学と連携し,国や独立行政法人等が募集する研究制度(競争的資金による提案公募型プロジェクト)に応募し,実施する研究開発事業です。

例)H25実施中のプロジェクト型研究より

  • 国際連携によるサイバー攻撃の予知技術の研究開発(総務省)
  • 実行時の状況に応じてパケット送信間隔を動的に制御する通信最適化技術(科学技術振興機構)
  • 次世代グリーンイノベーション評価基盤技術開発における有機薄膜内微小部位の非破壊劣化機構解析(次世代化学材料評価技術研究組合(CEREBA))
  • 3D-LSI用超音波アシスト先鋭マイクロバンプ接合装置の開発(経済産業省)
  • 地域イノベーション戦略支援プログラム「福岡次世代社会システム創出推進拠点」(CPS構築に向けたSSSoC利活用技術の開発(文部科学省))

受託研究開発

不特定の企業・大学・自治体等からの依頼により実施する研究開発事業です。

例)H25実施中の受託研究より

  • 最先端研究開発支援プログラム「スーパー有機ELデバイスとその革新的材料への挑戦」の受託研究(九州大学)

その他研究開発

企業及び大学等の複数の組織で進める共同研究,科学研究費補助金による研究などを実施しています。

研究成果については,学会・論文誌・報告会等での公表,研究交流の場やホームページ及び広報誌への掲載等を通じ,広く社会一般に公表するように努めています。